「北海道次世代施設園芸地域展開コンソーシアム」について

1 趣 旨

生産性の高い高度な施設園芸の全道展開を目指し、国費事業で整備した次世代施設園芸拠点や次世代型大規模園芸施設において得られた知見等を活用して生産者等に対する普及啓発活動などの取組を総合的に推進するため、関係機関・団体により全道レベルの新たなコンソーシアムを設立する。

 

2 設立日

平成29年3月30日

 

3 取組内容

(1)次世代施設園芸拠点等の地域展開に向けた検討

・関係者による検討会議等の開催

 

(2)次世代施設園芸拠点等で得られたデータの収集及び分析並びにその成果の普及に向けた情報発信等

・フォーラム、栽培技術講習会等の開催

・先進事例等の調査

・イベント等でのPR活動等

 

4 組織体制

(1)構成員

苫東ファーム㈱、㈱Jファーム、北海道養液栽培研究会、

北海道農業協同組合中央会、ホクレン農業協同組合連合会、

(一社)北海道食産業総合振興機構、北海道(順不同)

※(一社)北海道食産業総合振興機構については、必要に応じて構成団体も参加

 

(2)オブザーバー

国立大学法人千葉大学、(地独)北海道立総合研究機構

 

(3)事務局

北海道及び(一社)北海道食産業総合振興機構

 


 

平成29年度事業年間スケジュール

H29.5.12現在

事業(活動)内容 担当
時期 内容 場所 正 副
29年5月12日 コンソーシアム総会 道庁 道農政部 フード特区機構
29年5月12日 コンソーシアム運営検討会 道庁 道農政部 フード特区機構
6月~3月 コンソーシアム運営検討会・部会(適宜) 札幌市内 道農政部 フード特区機構
5月~3月 いちご生産管理技術等のマニュアル化に向けた検討 道庁 道農政部
5月~3月 先進事例調査(会議参加含む) 富山県、釧路市、東京都内ほか 道農政部
フード特区機構
6月7日~9日 植物工場・スマートアグリ展2017出展PR 東京ビッグサイト フード特区機構 道農政部
9月 いちご栽培技術講習会 苫小牧市内 フード特区機構 道農政部
10月4日~6日 アグロ・イノベーション2017出展PR 東京ビッグサイト フード特区機構 道農政部
10月31日~11月1日 次世代施設園芸フォーラムin北海道 札幌市内ほか 道農政部
フード特区機構
養液栽培研究会
12月 冬季講座 札幌市内 道農政部 養液栽培研究会
フード特区機構
30年2月 北海道型施設園芸高度化推進会議 札幌市内 道農政部