「冬季講座 2017」が開催されました

12月22日(木)北大の学術交流会館第1会議室でフォーラムからの会場を移して6回目になる「冬季講座」が「冬季施設園芸を支える最新技術」をテーマに開催されました。
当日は全道各地から40名の参加者が集まりました。
講師には道立総研機構花・野菜技術センター主任研究員 生方雅男氏から「再生可能エネルギーを活用した北海道における施設園芸」と題して、北海道の施設園芸の現状と再生エネルギーを活用した冷暖房技術の最前線のお話を伺いました。続いて農研機構野菜生産システム研究領域生産工学ユニット上席研究員 岩崎 泰永氏からは「エネルギー収支を考えるための基礎知識」と題して「省エネルギーの基礎知識」、「環境制御によるエネルギー削減」の講義を、昼休みを挟んで3時間にわたって講義いただきました。最後に農業生産法人(有)岐阜コントラクター代表取締役で本研究会副代表でもあります干場法美氏から「冬季栽培管理の実践報告」と題して、農業に就かれてから養液栽培をはじめ、2012年の豪雪によるハウス倒壊を乗り越えられてのガーベラ栽培について講演をいただきました。
有意義な冬季講座となったと信じております。

また、参加された方の中には、まだ北海道養液栽培研究会会員になっていないもいらっしゃいました。是非ご入会をおまちしております。

荒木会長ご挨拶
荒木会長ご挨拶
進行の森運営委員
進行の森運営委員
生方先生のご講義
生方先生のご講義
岩﨑先生のご講義
岩﨑先生のご講義
干場副会長の実践報告
干場副会長の実践報告